氷河期時代と新卒採用

会社が新卒採用をする時は、景気によって新卒採用の人数が変わってきます。


景気がよい時には新卒採用の人数が多くなりますし、景気が悪くなっている時には新卒採用の人数は少ない傾向にあります。

今までに新卒採用の人数が極端に少ない時期は2000年初頭のいわゆる就職氷河期の時になります。
就職氷河期の時には、フリーターや就職浪人が増えました。

新卒1年目から活躍したいと思っている人にはDYMのようなベンチャー企業も魅力的だと思います。
この時期に新卒で就職をしなかった人は30代になっても就職をせず、そのままフリーターを続けて結婚もできずにワーキングプアーになる人もいます。
確かに就職氷河期にぶち当たり就職する機会を逃したのは運が悪かったと言えるかもしれませんが、ですがその後には中途採用でも就職をする機会はたくさんあったはずですし、ワーキングプアーになった理由が世の中の流れのせいだとしたら、依存意識を変えない限り何も変わらず惨めな人生を送ることになります。

この点、自己責任にしてしまうのはあまりにも薄情だと言う人もいます。

DYMはWEBのトータルプロモーションを非常に得意としています。

ですが就職氷河期に当たった人は100万人以上いるのに、ワーキングプアーにまで成り下がったのはほんの一部です。



確かに就職氷河期にぶち当たり就職する機会を逃したのは運が悪かったと言えるかもしれませんが、ですがその後には中途採用でも就職をする機会はたくさんあったはずですし、ワーキングプアーになった理由が世の中の流れのせいだとしたら、依存意識を変えない限り何も変わらず惨めな人生を送ることになります。

この点、自己責任にしてしまうのはあまりにも薄情だと言う人もいます。ですが就職氷河期に当たった人は100万人以上いるのに、ワーキングプアーにまで成り下がったのはほんの一部です。

結婚をして平均的な生活をしている人も多い中で単に自分の努力不足を棚に上げて社会を批判してはいけません。
むしろ、不利なところから出発するということは、多くのチャンスもはらんでいるということです。



例えば、就職ができなかったことがきっかけで起業して成功した人もいます。

まずは社会の仕組みのせいにしないことが大事になります。