TOP > 美容医療で行われる様々なシワ治療法

美容医療で行われる様々なシワ治療法

シワは年齢肌をあらわすサインですが、乾燥肌の人はシワができやすいので、20代でも悩んでいる人は少なくありません。

特に目の周辺の皮膚はとても薄くてデリケートなため、小ジワが目立ちやすい場所です。


うっすらとしたシワなら、保湿成分が入った化粧品などを使って丁寧にケアすれば、普段のお手入れで改善することができます。


ですが、保湿ケアをしても改善しないものは、真皮のコラーゲンが減少していることが原因と考えられます。

コラーゲンは年齢とともに減少し、質も衰えるため、年々シワは深くなったり、増えたりします。



これを改善するためには、美容クリニックや美容皮膚科での治療が効果的です。



治療法にはいくつかの選択肢がありますが、美容医療を利用するのは初めてという人は、なるべくダウンタイムが少ないものを選ぶようにしましょう。
主な施術には、フォトフェイシャルやレーザー、高周波、ケミカルピーリング、トレチノイン酸があります。



それほど深いものでなければ、数回フォトフェイシャルやレーザーを受けると改善する場合があります。
ほうれい線には、溝を埋めてふっくらとした肌にするヒアルロン酸注射が効果的です。


額の小ジワや眉間のシワなどの表情筋の衰えに有効なものは、ボトックス注射です。

これらは半年に1回ほどの頻度で定期的に受ける必要があります。


さらに踏み込んだ治療には、外科的手術という選択肢もあります。

外科的手術には、メスを使わないスレッドリフトとメスを使うフェイスリフトがあります。

何れにしても、手術経験が豊富な医師を選ぶようにしましょう。